導入
& 賞
展覧会

提示
相談の& 仕事
個人的な歴史

注: このページは自動インターネットサービスによって 日本語の英語から翻訳されたり従って, 日本語の言語の様式をこ こに許す。あなたが英語を理解したら, このリンク www.garancs.net/en を/ 使用しなさい

 

  導入:

相互取付けの区域, 事実上の現実のmulti-media, 創造 的なプロジェクト及びインターネットのJaanis Garancs (Jānis Garančs) の芸術家 , 研究者及びコンサルタント。

彼の仕事は現代的な理論 的な物理学の様々な概念, 進化理論からのインスピレーシヨンと 独特である。それは?dark の視野の混合物であるか. そして現代 的な社会のユーモア及び?digital か. 都市現実。生きている multi-media 段階性能区域すなわち, 事実上の現実用具の彼の現 在の興味そして仕事デジタルの自己開発される, 使用。

年2003 年では, 彼は媒体の芸術" (KHM) の" アカ デミー, cologne, ドイツから視聴覚媒体の程度のマスターを受け 取った。


 

創造的な仕事のための賞は区別(第 2 場所- E 実験室のチームのための…) のPrix Ars Electronica 1998 賞を, Linz, オーストリア含んでいる;

現代的な芸術(NIFCA) の芸術家住宅賞(2003 年) のた めのnordic 協会

名誉上の言及- 第6 国際的な Browserday, アムステルダム(2002 年) 。

2002 年にと 2003 年にnetzspannung.org のデジタル火花(ドイツの学生賞) の ための指名。

1995-2003 の間の補助金そして奨学金はス ウェーデンの協会を, ' 回転式クラブ' ストックホルム, スウェ ーデン含んでいる

ハンブルク, ドイツの文化の大臣;

Soros の基礎Latvia,

Latvia の文化的な重要 な基礎, 及びある他。

  展覧会

9 月12 月の間の 2003 年彼はmo 以内にvisiong 土曜日である

最近の相互 設置展覧会は祝祭 IMCEXPO, 2005, New York; ISEA2004, Helsinki; DEAF2004, Rotterdam; Art+Communication, riga, Latvia で起こった ; Ars Electronica の祝祭, Linz, オーストリア, 2002 年 [ KHM のキァンパスのコレクション] 。

また個人とグル ープのプロジェクトの:

視野, Kunsthalle, ブダペス ト, ハンガリー, ヨーロッパ。2002 年[ ビオスのプロジェクト ] 。

ショー], hanover, Germany(2000) EXPO 2000 ドイツの Pavilion [ 複合メディア;

現代的なArt, ヘルシンキ , フィンランド, ヨーロッパ(1999 年) のKiasma 博物館。

1998 年と1997 年にArs Electronica の祝祭[ OpenX セクション] 。

国民Museum, Riga, Latvia, ヨーロッパ (1998 年) 。

文化的な家ストックホルム, スウェーデン,ヨーロッパ (ArtGENDA 1998 年) 。

  相談の& 仕事

Riga の Phare (EU プログラム ) NUTEK & 代理店(スウェーデン) のプロジェクトのため の短時間の専門家。

Klaipeda の Phare のプロ ジェクトのためのexternal 専門家, リスアニア(2001 年と2002 年) 。

Latvia ( 2001 年) の" 文化の " 大臣によって依託されるプロジェクト事実上文化riga のための創造的なディレクター;

相互協会ストックホ ルム(1999 年) のための短時間のプロジェクトのコンサルタント 業。

Moderna Museet KKH KTH ストックホルム (1996-1997 年) のVEMM の& 事実上& 博物館の試 験的なプロジェクトのための助手。

Ericsson 媒体実験 室, ストックホルム(11 か月,1995-1996 年) の研究プロジェクト

  講議& 提示

最後の年の間に, Garancs はまた彼の個人の提示を貢献し, 30 の国際的な媒体上ののデジタ ル媒体のグループの仕事そして関連トピックは - Art+Communication, riga (2003 年, 2001 年及び1999 年) の ような…でき事そして場所を培養する; V2, Rotterdam (アカデミ ー, Kiel (2001 年), Digitale'99 のLudwig 博物館 , Cologne 2002 年), Muthesius; Konstfack とArtNode, ストッ クホルム(1999 年); 次に5 分3 (1999 年の ) Amsterdam/Rotterdam; 耳が聞こえないアムステルダム(1996 年 ) 及び他。

  個人的な歴史


Jaanis Garancs (Jānis Garančs) は Latvia, 3.august, 1973 年のヨーロッパで耐えられた。彼は riga, Latvia の彼の小学校の間に古典的な音楽を調査し, また中 学校の深められた古典芸術の教育を受け取った。1989-1991 年の 間に彼は頻繁に歌う彼の親によって行なわれた青年聖歌隊知られ ていた音楽家のヨーロッパ中のコンサート旅行で旅した。1991 年 にソビエト帝国のbreak-up の時間に, 彼は学校を終えた。その後 彼は芸術のlatvian アカデミー, 絵画, ビデオ及びコンピュータ 実験を結合するriga (1992-1995 年) で絵画を調査した。 1995-1999 の間にビデオすなわちストックホルム, スウェーデン の高貴な芸術大学大学(KKH/Mejan) のコンピュータ3D 生気に集中 した。彼が芸術(HfbK) のハンブルクアカデミーで1 学期を使った 後, ビジュアルコミュニケーションの部門のドイツ, (1999/2000), 間複数のインターネットのグループのプロジェクト 及びコンサルタント業にまた取込むハンブルクで。2000 年に彼は KHM, cologne, ドイツで媒体の芸術部を書き入れた。

彼はE 実験室の創造的なグループ(1996 年以来) 及び新しい媒体 文化(2000 年に), riga, Latvia のためのRIXC (www.RIXC.LV) の中心のco 創設 者である。